top of page
  • 執筆者の写真Kobayashi Nobuyoshi

TriCaster Mini Advanced R2 を導入しました

更新日:2021年4月28日

パンダスタジオ新潟にはTriCaster 455を従来より導入しており、クロマキー合成などのライブプロダクションに特化したサービスを行っておりましたが、この度、新たに

を導入いたしました。


これ1つでまるでテレビ局のような機能を持つ、コンパクトでパワフルなオールインワンプロダクションスイッチャーです。

多種多様なライブ配信の要求にお答えすることが可能です。


バーチャルセットを利用しての番組製作・プレゼンテーションができます






TriCasterMiniとは

番組制作においてレコーディングも重要なタスクのひとつです。より効率良いレコーディングをハンドリングするために、新しいTriCaster Mini Advanced R2には、高速伝送を可能とするポータブルなUSBドライブを簡単に抜き差しできるように、USB 3.1ポートとUSB-Cポートが追加されました。これにより、外部ドライブで同時により多くのチャンネルをレコーディングすることができます。

※注意:3系統以上の同時レコーディングを行う場合は、外部ストレージ(USB3.1またはUSB-C外付けドライブ)や、ネットワークサーバーが必要となります。

美しいクロマキー合成やスロー再生など、高度な番組制作に必要なシステムがまるごと入ったTriCasterシリーズの中でも一番コンパクトなTriCaster Mini

テレビやインターネット放送で見たあの番組はこのマシンから配信されているかも?

こんな方におすすめ

  1. 3カメラ+PCでセミナー、イベントの収録や生中継をしたい方

  2. 社内の自社製品の紹介や、会社紹介などを、クロマキー合成で撮影したい方

  3. 大学、高校、塾などの授業の様子を撮影したい方

  4. eラーニングコンテンツ、Udemy用のコンテンツを作りたい方

  5. iPhone、iPad、スマホ、タブレット用の動画コンテンツを作りたい方

TriCaster Mini SDI Advanced Editionをすすめる10の理由

  1. もっとも小さな筐体で、持ち運びに便利!

  2. 持ち運び専用に、ペリカンケース(防水、防塵ケース)が付属。キャリングバックタイプでハンドル付なので楽々移動。

  3. 業務用の標準インターフェイスのHD-SDIの4系統入力。

  4. 4chの同時録画が可能。XDCAMフォーマット(MPEG)形式で4系統録画、パラレルレックができますので、スイッチングミスをした箇所を、あとで、ビデオ編集ソフトで編集したり、テロップあり、テロップなしで2系統録画したり、録画フォーマット違いで2系統レックすることができます。

  5. これ一台で、スイッチング、6系統のデッキ(録画4系統、再生2系統)、ミキサー、配信機能が1台で。

  6. Ustream、YouTube、ニコ生に配信が可能。(同時配信は不可)

  7. クロマキー合成、バーチャルセット合成が、これ1台で可能。

  8. マクロを組んで、複雑なスイッチングや操作を自動運転化。

  9. オリジナルバーチャルセットが、4スタジオ4色、4アングル64シーン分収録。

  10. オリジナル効果音、SEセットを利用可能。

Advanced Editionで追加された機能

  1. 4M/Eバスを利用したリアルタイムレイヤー合成

  2. マクロ機能による複数操作の自動実行

  3. ホットスポットを利用したオペレーション

  4. 4つまでのカメラ入力や素材を同時に合成できるスタジオセット

  5. M/E列の素材としてM/E列を入力することができるRe-Enter機能

  6. DSKが同時に4つまで利用可能

  7. リアルタイム・モーショントラッキング

  8. ソーシャルメディアツール(Share機能)

  9. ライブアナグラフ3Dビデオの対応

  10. MacやWindows、あらゆるソフトウェアへのファイルの互換性の向上

  11. Apple iPadアプリケーションなどからのリモートオーディオミキサーコントロール

  12. ホログラフィックライブバーチャルセット

  13. PTZカメラコントロール

  14. ステレオ出力の(Quad)ミックス機能

  15. オーディオ入力チャンネルごとに独立してディレイ量を設定

  16. MIDIコントローラに対応



閲覧数:278回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page