top of page
  • 執筆者の写真Kobayashi Nobuyoshi

Roland P-20HDで剣道大会のリプレイ

越後剣道フェスのライブ配信にてリプレイプレイヤーRoland P-20HDを使用いたしました。株式会社ローランド様よりデモ機材を貸与いただきました。




リプレイと本線スイッチャーの切り替えにはTriCaster miniを使用





配信アーカイブはこちら




以下はオペレーター菅家さんによる所見です。

第一印象

 とてもコンパクトで、軽いと感じました。他の現場でEVS等の設置をすることはありますが、とても重くセッティングも大掛かりです。もちろん性能の差はありますが、値段も考えるとP-20HDは現場に2、3台持ち込んでもいいと思えるほど手軽な印象を受けました。ジョグダイヤルの動きもよく、値段の安さを感じさせないとても良い機材であると感じました。

本番前に触ってみて

1.良いと感じた点

 モニタに出す操作画面も見やすく、操作も簡単な印象を受けました。リプレイヤーの多くは海外製で操作画面も英語のものが多く、操作が難しい印象がありますが、P-20HDはROLAND製品を使ったことがある人であれば、少しの練習ですぐに使えるようになると感じました。また、REC停止が2ボタン式な点も誤操作防止の点でとても安心感があります。

 少し触ってみて私が特にいいと感じた機能としては、再生クリップを作成するポイントを常時LIVEの先頭決める「LIVE IN」機能とワンタッチで指定した時間のクリップを作成できる「MAKE CLIP」機能の併用です。私はワンオペの現場が多いですが、この機能を使えば何も考えずにクリップ作成してからのすぐにワンタッチリプレイ再生ができるのでとても便利だと思います。

 もう一点は、クリップに色タグをつけれる点です。クリップ数が膨大なる場合、どの動画がどのシーンなのか探すのがとても大変ですが、この機能をつかえば選手ごとの色分け、プレイの種類による色分けなどを決めておけばシーン探しもスムーズにできると思います。ただこの色付け操作がワンタッチでできるともっと使いやすいように思います。

2.残念な点

 メディアがSDカードなためしょうがないのかもしれませんが、スロー再生をする際に再生速度を100%に戻すと映像が一瞬止まってしまうところが残念です。

3.要望点

 とても手軽で良い機材ではありますが、私が触ってみてもう少しこうなったらいいなと感じた点を挙げたいと思います。

 一番はタイムコードを実際の時間表示にできたらいいと感じました。そうすると何時ごろあったプレイが見たいなどの要望があった際にそのシーンを探しやすいように感じます。この機能の延長になりますが、P-20HDを2台運用でタイムコード同期させ、ジョグダイヤルの動きやクリップ作成を同一時間でできるようにできると、同一シーンアングルの違うリプレイ映像を出せるようになるので使いやすいです。

 また、現状はスイッチャーからのリモート対応がV-60HDだけですので、対応スイッチャーが増えると嬉しいです。


本番(剣道大会)で使ってみて

 本番ではプロジェクトや機器の設定を私が行った上で、クリップ作成は剣道に詳しい学生に行ってもらいました。この学生は映像機材に詳しいわけではありませんが、ワンタッチでクリップ作成ができるため、本番前の簡単な説明で操作を行えてました。この操作の容易さは他にはないものだと改めて感じました。

 実際に本番で使ってみると直感的な操作が可能で、リプレイ出しはとてもスムーズ行えました。それを踏まえてこうなるといいなと思った点は、クリップのパレットへの登録と削除をワンタッチで行えるようにして欲しいということです。ハイライト作成を試合合間に行う場合、時間がない中で行わなければならないため、操作画面の階層に何段階か入らなければならない操作は煩わしく感じました。また、パレット登録した動画をプレイリスト(AUTO PLAY)再生したのですが、動画の切り替わりが現状ホワイトフェードとブラックフェードのみなので、ミックスなどの効果が加えられるようになると嬉しいです。また、このAUTO PLAY再生でしかクリップの残り時間がわからないため、この再生中にもスローが使えるようになるとさらに使いやすいと思います。


 要望が多くなってしまいましたが、値段の安さを考えると十分な機能があり、いろいろな現場で使ってみたいと感じました。


メモ

良い点

・プレビュー画面がとても見やすい

・LIVE INにマーカーを当ててのメイククリップはとても便利

・REC停止が2ボタン式なので、誤って止めることがなくて安心

・クリップに色タグをつけれるのがよい

・ジョグダイヤルの動きがいい

要望

・ライブ収録の先頭に戻るボタン「▶︎|」を押したらそのまま自動再生をしてほしい

・タイムコードを実時間で出来るといい

・クリップをワンタッチ登録・デリートできるといい

・2台運用でタイムコード同期させて同時操作出来るようにはできるのか?V1V2的な 

・スロー再生から速度を100%に戻した際に一度止まってしまうのは残念

・プレイリスト再生のクリップが変わる際にミックス等にできないか(そうするとハイライトとして使いやすい)

・ぜひスイッチャーのリモートを60HD以外にも対応にしてほしい(VRシリーズ等)

・オートプレイのクリップ再生でもスロー再生出来るようにしてほしい(オートプレイでないとクリップ残り時間がわからないため)


以上、導入の参考になれば幸いです。





閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page